美容・更年期・健康管理etc...
満足度抜群のローヤルゼリー
サプリ探しのコツを解説します♪

ローヤルゼリーとビタミンEの極めて重要な関係

ローヤルゼリーの健康成分を語る上に置いて豊富なビタミン類を外すわけにはいきません。
たくさんの種類のビタミン類を豊富に含んで体に供給してくれるのですが、その中で注目したいビタミン類としてビタミンEを挙げてみました。
このビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれるアンチエイジングや病気予防、治療に大きな役割を果たしているもので、ローヤルゼリーにはこのビタミンEを活性化させる働きがあるのです。
それでは、ローヤルゼリーとビタミンEの重要な関係について解説しましょう。

先ほども述べたように、ビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれるもので、体内にあって老化の元凶とされている活性酸素の除去をしてくれる働きを持ちます。
活性酸素が増えると体は老化して、あらゆる部分が劣化していきます。
劣化すると病気の原因にもなるので、さまざまな意味で不健康な状態をつくり出してしまいます。
ビタミンEにはそれを抑える働きがあるので、アンチエイジングという美容的な意味合いだけでなく病気の予防や治療にとても重要なのです。
さらに、最近ではビタミンEの抗酸化作用ががんの予防にも一役買っていることが分かってきているので、まさに万能健康ビタミンです。
これだけ無敵のビタミンであるビタミンEですが、それだけが単体であっても働くことがなく、協力相手が必要です。
その協力相手として、ビタミンEと最も相性が良いのはビタミンB群のうち、ビタミンB2です。
ローヤルゼリーにはこのビタミンB群が大量に含まれているので、ローヤルゼリーを摂取すると体内のビタミンEがようやく協力相手を見つけて活発に活動を始めるため、結果としてビタミンEが持つ健康パワーが発動するというメカニズムです。
またこちらのローヤルゼリーの一日の摂取量目安についても参考にご覧ください。

つまり、ローヤルゼリーを摂取するということはビタミンEが持つ抗酸化作用を発動させるのと同じ意味になります。
活性酸素を除去していつまでも元気で美しくいるための作用、そしてがんなど重大な病気を予防する作用、さらに内臓の状態を常に元気に保ってあらゆる生活習慣病を予防するという作用など、ビタミンEが持つ素晴らしい働きを健康づくりに役立てることができるのです。
こちらのローヤルゼリーの歴史についての記事も参考に是非ご覧ください。

トップに戻る