美容・更年期・健康管理etc...
満足度抜群のローヤルゼリー
サプリ探しのコツを解説します♪

産地によってローヤルゼリーの品質が異なるワケ

日本国内でもローヤルゼリーは生産されており、その発祥は明治時代にまでさかのぼります。
その当時はとても大がかりに生産していた地域もあったようなのですが、その後生産が減り続けて今では日本国内で消費している量の5%程度に過ぎません。
残りの95%は外国からの輸入に頼っているのが実情で、主な輸入先は中国、台湾、タイなどです。
その他にはオーストラリアやニュージーランドなどからも輸入しています。

ローヤルゼリーはミツバチがつくり出すものなので、そのミツバチがどこで活動していたかによってローヤルゼリーの品質にも違いが出てきます。
中国で活動していたミツバチと、オーストラリアで活動していたミツバチが同じ花の蜜を集めていたとは考えにくいので、活動しているところの植物によっても品質が変わるのです。
このあたりは、自然由来のものだけに仕方ないことで、全世界どこでも同じものを作っているというほうが不自然です。
製法などに大きな差があるわけではないので、やはりそれぞれのミツバチがどんな自然の中で活動していたのかという部分のほうが産地選びには重要ではないかと思います。
こうした部分で考えると、やはり国産のローヤルゼリーはとても品質が良く、またミツバチが活動する植物についての環境も十分に手入れされているので値段は高くなるものの人気があります。
台湾やタイからの輸入量も多いのですが、これらの国は南国で温暖な気候なので一年を通して花が咲いているということでミツバチの活動も非常に活発です。
南国のローヤルゼリーは栄養価が高いと言われているので、その意味でも台湾製、タイ製のものは高栄養価だと考えて良さそうです。

産地でローヤルゼリーを選ぶ際には、それぞれの産地でミツバチがどんな植物から蜜を集めてきているのかという部分に思いを巡らせるのが一番です。
中国製のローヤルゼリーは比較的安いですが、これは中国だから安かろう悪かろうというわけではなく、大規模で製造するスキームが発達しているからです。
それぞれの産地でミツバチが集めてきた生命の力から、自分にはどの力が必要なのかで選んでみてはいかがでしょうか。
また気になるマカとローヤルゼリーのサプリメントについての記事も参考にご覧ください。

トップに戻る