美容・更年期・健康管理etc...
満足度抜群のローヤルゼリー
サプリ探しのコツを解説します♪

ローヤルゼリーとリポタンパク質の関係

ローヤルゼリーが効果を発揮するものの1つに、脂質異常症があります。
体内のコレステロールが過多になったり、バランスが崩れたりするもので、動脈硬化等の生活習慣病に直結する疾患です。

体内で吸収、生成された脂質は、血液と共に各器官へ運ばれます。
しかし、脂質はそのままでは血液中に溶け込めないため、水分と相性の良いタンパク質が必要となります。
コレステロール等の脂質がたんぱく質に覆われたものをリポタンパク質といい、健康診断等でよく目にするLDLやHDLという名前は、その略号です。
ローヤルゼリーには、リポタンパク質の分泌を抑える効果があるといわれており、培養細胞を利用した実験結果も出ています。

食事から得られる脂質は、肝臓で作られる脂質の3分の1ほどです。
普段は食事から脂質をとり過ぎても肝臓での生成が減り、体内で一定の量に調節されています。
しかし、あまりにも脂質が多すぎると調整機能が働かなくなってしまいます。
リポタンパク質の中でも、特にLDLは低密度(たんぱく質より脂質の割合が多い)で、脂質を各器官に送り込む役割があります。
基準値を超えると、脂質異常症の一種と判断されることがあるので、注意が必要なのです。

リポタンパク質の分泌が抑えられれば、体内に送り出される脂質が減少します。
ですから、ローヤルゼリーを摂取する事によって、脂質異常症の予防、改善が見込めるのです。

トップに戻る