美容・更年期・健康管理etc...
満足度抜群のローヤルゼリー
サプリ探しのコツを解説します♪

はちみつとローヤルゼリーの違いって?

はちみつとローヤルゼリーはどちらも蜂が花や樹木の花粉や樹液を原材料として作りだすものです。
どちらも同じようなもの、と思ってしまいがちですが実はそれぞれの目的や用途が違うため見た目も、味も全く異なるものなのです。
それぞれの違いについて比較してみましょう。

【はちみつ】働き蜂の食事(栄養分)として巣に貯蔵された花の蜜や樹液です。
その栄養素は7割以上が糖質、ビタミンやミネラルなども多少は含まれていますが、メインは働き蜂のエネルギー補給です。
見た目はとろりとしたh半透明または透明な黄金色をしており強い甘味を感じます。
原材料となる花や樹木によって風味がことなるため、色々なハチミツを用途や好みに応じて使い分けすることもできます。

【ローヤルゼリー】同じく花や樹木の蜜や樹液を原材料としたものですが、ローヤルゼリーは女王蜂(または将来女王蜂となる予定の幼虫)だけが食べることのできる女王蜂専用食料です。
採取した蜜や樹液を働き蜂の体内にいったん取り込んだのち働き蜂の出すホルモンと再合成したのちに再び体外へ排出して蓄えられるものです。
見た目は薄いクリーム色をしており、粘度の高いドロリとした液体です。
独特の匂いとかなり強い酸味があるのが特徴です。
はちみつ違って栄養価は驚くほど高く、多数のアミノ酸や、ビタミン、ミネラルがほとんどでエネルギーとなる糖質はあまり含まれていません。
そのままの状態では味と匂いが強く摂取しにくいためカプセルや糖衣、錠剤に加工されます。
女王蜂と働き蜂は遺伝子的には全く同じ個体ですが、幼虫の時代から与えられる食事によって体の起きさもその個体エネルギーも、寿命までも大きな差が生まれます。
女王蜂が大きな方らを作り維持し、日に数千個もの卵を産み続けることができるのはローヤルゼリーを食べているからなのです。

トップに戻る