美容・更年期・健康管理etc...
満足度抜群のローヤルゼリー
サプリ探しのコツを解説します♪

ローヤルゼリーはどのように作られているのか

自然界では、1つの蜂の巣には女王蜂は1匹しか存在しません。
その女王蜂だけに与えられる特別食がローヤルゼリーです。
ですから、女王蜂がいなくなると、働き蜂は新しい女王蜂を作り出すために、王台にローヤルゼリーを蓄え始めます。
この習性を利用したのが人工王台です。
人工王台はその名の通り、ローヤルゼリーを採取するために人工的に作られた王台のことで、1つの巣箱で、多くのローヤルゼリーを採取することができます。

ただ、人工王台でローヤルゼリーを採取するためには、小さな巣穴1つ1つに1mm程度の蜂の幼虫を入れていく手作業が必要になります。
巣によって異なりますが、巣箱に50個ほど人工王台を作っても、ローヤルゼリーは15g程度しか採取することができません。
ですから、たくさんの量のローヤルゼリーを採取するためには、たくさんの手間をかけてこの作業を行う必要があります。
この手作業の後、働き蜂がいる巣箱に人工王台を設置します。
設置後、2、3日ほどでローヤルゼリーを採取します。

実は、これより長く設置したほうが採取量を多くすることができます。
それなのに何故、2、3日ほどでローヤルゼリーを採取するのかというと、時間が経つことで、、鮮度、純度が落ちてしまうからです。
採取した後は、製品の特性に応じた製造工程へいくことになります。

生ローヤルゼリーは、もともとのローヤルゼリーに近い状態ですが、性質上品質が低下しやすくなっています。
乾燥ローヤルゼリーにすることで保存性が高くなります。
熱を加えない製法で乾燥ローヤルゼリーにすることで、その栄養素も十分に期待できるといわれています。

トップに戻る